島村楽器 小倉リバーウォーク店 シマブロ

島村楽器 小倉リバーウォーク店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

ブラバン佐藤の音楽室~8日目・朝練~

おはようございます!!佐藤です!遅刻更新すみません!!

そして最近運動不足に悩んでいる、佐藤です(笑)
学生の皆さまは体育祭や文化祭など大きなイベントがあったようですが、いかがお過ごしでしょうか?


まだ全日本吹奏楽コンクールに向けて、ガンガン練習中!!という団体もあるとは思いますが、大きな大会や学校行事も終わって次はアンサンブルコンテストや定期演奏会の準備に入る団体も多いようですね。
さてここで、夏に酷使した楽器メンテナンス出来ていますか?


ということで、今回はこちら・・・

島村楽器メンテナンス・修理受付の流れ


です!!
メンテナンスや修理を頼みたいけれど、どうしたらいいのかわからない・・・というご質問を頂きましたので、ご紹介致します!!

f:id:shima_c_kokura:20171017214642j:plain

メンテナンス依頼編

購入後1年以上経って1度もプロのメンテナンスを受けていない方は、特に異常を感じていなくても実は楽器が悲鳴を上げている場合もあります!!特に、吹奏楽部の学生さんは練習量が多いので、必ず定期的にメンテナンスをしてください。
理想は、修理・メンテナンスのプロであるリペアマンに1年に1度はメンテナンスしてもらう事です。(人間の健康診断と同じです!楽器も自分も常に健康がいいですよね♪)

■まずは楽器と共にご来店ください
・購入から1年以上メンテナンスしていない方
・コンクールや演奏会などで、楽器を短期間で酷使した方
・野外演奏を頻繁にしている方
・自分の楽器の状態が気になる方など
店頭にてメンテナンスのご相談を承っております。
■店頭にて使用状況を確認
普段、どのくらいの練習量なのかや練習環境、お手入れの仕方など実際にお持ち頂いた楽器を拝見しながらお伺いします。
また、お客様の気になる事などもこの時にお話しください。
■お預かり致します
店頭にてお預かりし、リペアマンの所へお送りします。
基本的には製造元や正規代理店へお送りします(ヤマハ製ならヤマハへBach製ならノナカ社へ等)が、かなりお急ぎの場合は島村楽器のリペアマンに依頼する事もございます。次回使用日程が分かっている場合はお教えください。
なるべくご希望にそえるよう、尽力致します。
■お見積りのご報告
お預かり後、おおよそ7~10日程メンテナンス内容・期間・金額等のお見積りが出ます。
内容をご連絡後、ご納得いただけましたらメンテナンスを開始致します。
この時、キャンセルをする事も出来ますが、キャンセル料として\2,160-(税込)必要となりますのでご了承ください。
メンテナンス
メンテナンス内容により作業日程は異なります。
メンテナンス終了
リペアマンより楽器が戻ってきましたら、お客様へご報告致します。
この時に、ご来店日時のご予定をお伺いします。
■楽器をお返し致します
店頭にて、お客様立ち合いのもとメンテナンス内容を確認し、お返し致します。
この時に実際に楽器を鳴らして確認する事も出来ます。
今後、長く使用して頂けるように、お手入れの仕方などもここでお話ししておりますので、ご相談がありましたらぜひお話しください。

修理依頼編

楽器に大きなトラブルがある場合、修理をオススメ致します。
また、長く使用されずに保管されていた楽器を改めて使用したい場合は、メンテナンスではなくオーバーホール(分解修理)が必要になることもあります。使用される前に1度ご相談ください♪
基本的にはメンテナンス編と流れは同じです。

■まずは楽器と共にご来店ください
・キィが曲がってしまった!
・マウスピースが抜けない・・・
・楽器を落としてしまった・・・
・古い楽器を使用できるようにしたいなど
■店頭にて状態確認
お客様と一緒に、お持ち頂いた楽器の異常か所を確認致します。
■お預かり致します
店頭にてお預かりし、リペアマンの所へお送りします。
メンテナンスと同じように基本的には製造元や正規代理店へお送りしますが、かなり古い楽器や購入当時と代理店が変わっている楽器などは島村楽器のリペアマンに依頼する事もございます。
■お見積りのご報告
お預かり後、おおよそ7~10日程で修理内容・期間・金額等のお見積りが出ます。
内容をご連絡後、ご納得いただけましたら修理を開始致します。
この時、キャンセルをする事も出来ますが、キャンセル料として\2,160-(税込)必要となりますのでご了承ください。
■修理
修理内容により作業日程は異なります。長い時は2~3か月かかることもございます。
また、落下による凹み修理などは完全に直すことが出来ない場合もございます。この場合は、お見積り報告の際にお伝えしております。
■修理終了
リペアマンより楽器が戻ってきましたら、お客様へご報告致します。
この時に、ご来店日時のご予定をお伺いします。
■楽器をお返し致します
店頭にて、お客様立ち合いのもと修理内容を確認し、お返し致します。
この時、お客様に実際に楽器を鳴らしていただいて確認をする場合もございます。

カスタマイズのご相談も承っております!

・楽器の塗装をラッカーからゴールドに変えたい!
・サックスのネックがもう1本欲しい!
・管体に彫刻を入れたい!
などなど、カスタマイズのご相談も店頭やお電話にて承っております。
不安や疑問等、どんなことでもお気軽にご質問ください♪

個人、法人様問わずご相談等ございましたら、遠慮なく担当:佐藤までお問い合わせください!

f:id:shima_c_kokura:20171017220342j:plain

店舗名 TEL 営業時間 担当
小倉リバーウォーク店 093-583-7720 10:00~21:00 佐藤

記事についてのご意見もお伺いいたしますので宜しくお願いいたします!



ではでは、今回はこの辺で!
次回8日目の午後練にてお会いしましょう!!
お疲れ様でした!!

ブラバン佐藤の音楽室の他の記事はコチラ↓↓↓
www.shimamura.co.jp

Dr.ナガオカのつぶやき。【第15回:私のレコーディング変遷について~その③】

皆様こんにちは。
季節の変わり目という事で天候がころころ変わっておりますが、いかがお過ごしでしょうか。
私は生来の暑がりですので、このぐらいが一番過ごしやすく好きな季節です。

楽器にとってはこのぐらいから過酷な環境がスタートしますので、しっかりメンテナンスしましょう。

前回では、私の使用していた打ち込み機材についてお話していきました。
さて、90年代前半はレコーディング機材にとっては過渡期にあたり、様々なメディアを使用してのレコーダーが発売となっていた時期です。

a-dat、MD DATAによるMTRが台頭

その中でも、割と普及していたのがこの2種類となります。

➀a-dat・・・S-VHSビデオテープを使用、8トラック、米ALESIS社が開発。

 ラックタイプのMTR。一般のS-VHSビデオテープが使用できることもあって、価格は約60万程度しましたが当時はスタジオなんかがこぞって導入していました。デジタルレコーディングが出来る初のレコーダーといっても良いでしょう。私は購入はしませんでした。オープンリールと同様にミキサーがないため、8バスのミキサーを一緒に購入する必要がありましたので。
(コチラ画像で使えるものがありませんでした。気になる方はネット検索してみてください)

②MD-DATA・・・MD-DATAディスクを使用、4トラック・8トラックがあった、SONYYAMAHAが開発。

 こちらは専用のMD-DATAディスクを使用したMTRミキサーミキサー部はアナログ)と一体型になっており、価格も6万~8万と手ごろでかなり売れました。ただ、オーディオ用のMDディスクは使用できなかった為、メディア自体が普及せず消えていきました。こちらも私は購入しませんでしたが、購入を検討はしていました。
 
f:id:shima_c_kokura:20171016172343j:plain
※画像はMD-8

そろそろ私もカセットMTR TASCAM 488からの乗り換えでMD-8購入を検討していた時に、衝撃の機材が発売されます!!

一般向けにハードディスクレコーダーが発売!!

f:id:shima_c_kokura:20171016175234j:plain
※写真はVS-880(ここからカラー!!)

1995年か96年(うろ覚えですみません・・)の楽器フェアにてFOSTEXROLANDが同時にハードディスクレコーダーミキサー部もデジタル)を発売。ROLANDの業者向けの発表会を見に行き即決!これを発売と同時に購入しました。フル装備で36万ぐらいだったと記憶しています。
当時は本体とハードディスク、データ保存用のZIP-ディスクドライブが別売りになっており、フルで買いました・・・。8トラック仕様なのですが、バーチャルトラックが各トラックに8トラックついており、今のテイクを残しつつ何テイクかさらに録る!といった事が容易にできてしまう夢のような仕様でした。(今となっては普通ですが・・・)またハードディスクが540MBという容量でしたので、1、2曲録るとすぐメモリーが足らなくなってしまうため外つけのZIPディスクは必需品でした。そうはいってもZIPディスク自体1枚3000円くらいしていましたので、そんなに枚数を買う事もできず、データとして残すのは作りかけの曲で出来たものはマスタリングしてCDに焼くという事をしていました。

だいぶ現在に近くなってきましたですね。ですけど36万って!て思う方が多いですよね。しかし、これだけお金をかけてもまだまだ買い続けている私でありました。(次回へ続く・・・)

機材についてのご相談は随時受け付けております。

個人、企業様問わずご相談等ございましたら、遠慮なく担当(長岡)までお問い合わせくださいませ。

店舗名 TEL 営業時間 担当
小倉リバーウォーク店 093-583-7720 10:00~21:00 長岡

記事についてのご意見もお伺いいたしますので宜しくお願いいたします!


Dr.ナガオカのつぶやき。【第14回:私のレコーディング変遷について~その②】

皆さま、1か月ぶりのご無沙汰です。
更新遅れまして申し訳ありません・・・。
さて、前回のところでは8トラックのカセットレコーダーに触手を伸ばしたところまでお伝えしました。

さて、この8トラックMTRですが、さらにもう1ランク上の「688」なる機種もありました。

f:id:shima_c_kokura:20171001204158j:plain

前回でもご紹介した通り、カセットの細いテープを8等分して録音するわけですから、音質にどうしても課題が出てくるのですが、この「688」ではドルビーシステムを搭載して音質向上を図ったモデルでした・・・当時36万!!したのでさすがにこちらは買えませんでした。さらにMIDI TIME CODEに対応しており、シーケンサーとの同期も可能と言う凄い仕様となっていました(当時の記憶をたどって書いていますので多少間違いがあるかもしれませんがご容赦下さい)。

ここで【シーケンサーの同期】というワードが出てきたので説明しますと、今でこそPC1台で打ち込みも録音もできてしまうのですが、当時のPCは打ち込みしかできませんでした。その上、ソフトシンセもなかったので、ハードのシンセとPCを接続していたのです。

80年代~90年代前半の打ち込み

当時のシステムを再現すると以下のようになります。

f:id:shima_c_kokura:20171006104139j:plain

急に手書きの図になって申し訳ありません(汗)。
当時はほとんどPCはMACが主流でした。WINDOWSもまだ本格的には普及していませんでした(当時はMS/DOS機が主流)し、ほとんど海外製のソフトを使用しており(国産ソフトがなかった)、操作性の面も含めて音楽ではMAC一強の時代でした。
当時は画面もモノクロ画面が通常でMACのCLASSICは良く売りました。

私が初めてPCに手を出したのは、カラーディスプレイの機種が登場してからですね。LC520という機種とCOLOR CLASSICという機種が発売になり、私はLC520を購入しました。私の記憶によると確か30万ぐらいだったように思います。(写真はありません・・・すみません。ネット検索すると画像は出てきますので、どんなものか知りたい方は検索してみて下さい)

PCだけで30万は安い方だった時代ですので、各メーカー安価で打ち込みが出来るシーケンサーの開発も行われ、80年後半には、

f:id:shima_c_kokura:20171006114337j:plain

f:id:shima_c_kokura:20171006113718j:plain

も発売になりました。

打ち込みには音源が必要だった

80年代では、同時に複数の楽器の音を演奏する事の出来るシンセサイザーはなく、1台のシンセで1個の楽器の音を鳴らしていたので、3つの楽器の音を重ねる場合3台のシンセが必要でしたが、技術の進歩に伴い、80年代後半にはマルチに音の出せるシンセが発売になります。

また、90年代にはPCを必要とせずにシンセのみで打ち込みまでできる「オールインワン」シンセも多く登場します。

私のファーストシンセはYAMAHAの「SY-99」(当時42万)でした。

f:id:shima_c_kokura:20171006113003j:plain

学生時代ではシンセは学生にはまだまだ高額で買えませんでしたが、島村楽器に入社して速攻買いました。この「SY-99」はQYシーケンサーを内蔵し、16パートマルチティンバー(16個の異なる楽器を演奏できる)、76鍵盤、AWM音源とFM音源を搭載してミックスしての音作りも可能なスーパーシンセでした。

この後打ち込み機材に関しては、様々な機材をそろえていくわけですが、メインで使用していたのはLC520 + SY-99でした。

この後4-5年はこれらの機材を使用していくわけですが、そののち、レコーディング機材に革命がおこります(大げさ)。

そのお話はまた次回・・・。

機材についてのご相談は随時受け付けております。

個人、企業様問わずご相談等ございましたら、遠慮なく担当(長岡)までお問い合わせくださいませ。

店舗名 TEL 営業時間 担当
小倉リバーウォーク店 093-583-7720 10:00~21:00 長岡

HOTLINE2017 九州エリアファイナルレポート!熊本パルコ店代表の「karte」が見事グランプリに輝きました!

f:id:shima_c_kumamoto:20171003162829j:plain

10/1(日)九州エリアファイナル

f:id:shima_c_kumamoto:20171003163817p:plain
5月から全国の島村楽器で応募が始まったHOTLINE2017。
数多くの応募の中から選ばれた、九州代表の10組のアーティストが
ジャパンファイナルへの出場を賭けた戦いの様子をお伝えしたいと思います。

f:id:shima_c_kumamoto:20171003161343j:plain
九州エリアファイナルは10月1日(日)福岡イムズホールにて開催されました。
f:id:shima_c_kumamoto:20171003162950j:plain
開場は約150人のお客様、そして審査員4名が見守る中、アーティストたちは程よい緊張感を持って演奏をしていました!
それでは各アーティストを紹介して行きたいと思います!
詳しい演奏や詳細はこちらでも紹介されています。
良かったらこちらもどうぞ!↓↓
www.shimamura.co.jp

Time Out Memory

f:id:shima_c_kumamoto:20171003163856j:plain

おい!そこの川崎くん。

f:id:shima_c_kumamoto:20171003163939j:plain

High Color Generation

f:id:shima_c_kumamoto:20171003164006j:plain

Mr.Lyell

f:id:shima_c_kumamoto:20171003164032j:plain

Blacklist for my Cage

f:id:shima_c_kumamoto:20171003165957j:plain

猫jealousy

f:id:shima_c_kumamoto:20171003170127j:plain

MESSAGE FROM POSTMAN

f:id:shima_c_kumamoto:20171003170157j:plain

高倉 周作

f:id:shima_c_kumamoto:20171003170228j:plain

karte

f:id:shima_c_kumamoto:20171003170736j:plain

Vintage Amps

f:id:shima_c_kumamoto:20171003171306j:plain

結果発表

グランプリ karte

f:id:shima_c_kumamoto:20171003171501j:plain
今年のグランプリに輝いたのは去年に引き続き熊本パルコ店エントリーのkarteとなりました!
おめでとうございます。
各パート安定した演奏、そしてボーカルの立山君の歌声で、会場は一気にカルテの世界に引き込まれる素晴らしい演奏でした。今年こそは全国制覇を狙って欲しいものです。




優秀賞 猫jealousy

f:id:shima_c_kumamoto:20171003172138j:plain
非常にキャッチーな曲、そして女性ツインボーカルの掛け合いはとても良かったです!MCも面白くて会場も沸いていました!
受賞した際には感激で涙していました。本当におめでとうございます!

部門賞

ベストボーカリスト

高倉 周作

ベストギタリスト賞

立山 秀大・福島 圭一郎 (karte)

ベストベーシスト賞

栗林 宏樹 (MESSAGE FROM POSTMAN)

ベストドラマー賞

野中 勇希 (karte)

オーディエンス賞

猫jealousy

楽曲賞

「UNLUCKY DAY」(猫jealousy) 作詞:このみ 作曲:猫jealousy



各部門賞を受賞された皆様、おめでとうございます!
惜しくも受賞を逃した方々も、来年こそは是非またチャレンジしてください!

ジャパンファイナルチケット好評発売中!

ジャパンファイナル

タイトル JAPAN FINAL
開催日 11月12日(日)
会場 恵比寿 The Garden Hall
チケット ¥1,200(税込)

チケットは当店を含むエリア各店にて好評発売中です!

お問い合わせ

店舗名 島村楽器 小倉リバーウォーク店
電話番号 093-583-7720
担当 上田

お気軽にお問い合わせください。

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.