島村楽器 小倉リバーウォーク店 シマブロ

島村楽器 小倉リバーウォーク店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

ブラバン佐藤の音楽室~3日目・午後練~

こんにちは!!!!佐藤です!!!!
最近暑いので毎日アイスを食べたい。そんな佐藤です。
話題はばっさり変わりまして(笑)
吹奏楽部員の皆様は、もうパートは決まりましたか?
希望通りの楽器になれたでしょうか・・・?

その昔、佐藤の先輩は言いました。

自分の楽器(学校から借りている楽器であっても)には名前を付けるんだ。
名前を付けたら楽器は自分の思いに応えてくれるから!!と。


実はこの言葉、深いんです・・・。
名前を考えてつける。という事は、自分の中でその楽器の存在が強くなり、愛着が湧くという事!
愛着が湧けば楽器を気にかけるようになり、手に取るようになります。
すると・・・練習するようになります!!
練習が好きになれば後は上手くなる以外ありません。(笑)
上手くなれば楽器が応えてくれたと実感し、更に大切にするようになっていいことしかありません!

なので、もし、自分の希望楽器になれなかった方は特に、楽器に名前をつけてあげてください。
きっと愛着が湧いて上記のような幸せスパイラルが起こるはずです!!!
ちなみに佐藤は自分のアルトサックスにヴィンセントってつけています・・・
国内メーカー品にもかかわらず、外国の名前をつけてます(笑)
さて!吹奏楽部員の皆様はほぼ毎日練習で楽器を使用していると思いますが・・・
毎日のお手入れ、してますか・・・?
演奏、練習が終わった後、お手入れをサボると自分の上達も妨げられてしまうので、しっかり行いましょう!!
状態の悪い楽器だと練習しても思い通り操れず、上達するまで時間がかかったり、遠回りしてしまいます・・・
なので今回は最低限、これだけは毎日しっかりやってほしいお手入れ内容についてお話しします!!

絶対にサボってはいけない毎日のお手入れ!!

木管楽器
①管体の水分をとる
スワブを使用する楽器の場合、詰まらせて取れなくなってしまう方がかなり多いです。
使用前にスワブをしっかり広げて絡まっていない状態でゆっくり通してください。
もし、詰まったかも?!と思ったら無理に引っ張らずそのままの状態で、楽器屋さんに持ち込んで取ってもらいましょう!
また、ジョイント部分の水分もしっかり拭き取ってください。
クラリネットはジョイントにコルクが巻かれているので、コルクグリスも拭き取っておきましょう。
②タンポの水分をとる
クリーニングペーパーを使ってタンポの水分を完全に取ります。
マウスピース・頭部管に近いところは特に入念に、ベル・足部管に近いところも忘れずペーパーを使用します。
③管体の拭き上げ
クロスを使用して、手の汗や脂を拭き取りきれいにしましょう。

金管楽器
①抜差管・スライドを抜き水分をとる
抜差管を抜くときは必ず、対応しているピストンやレバーを押しながら抜いてください。
②バルブオイル・ローターオイルを注油
楽器によって必要なオイルが異なります。間違ったオイルを注油しないよう気をつけましょう!
また、注油量が多くても動作不良が起こる原因となりますので、2~3滴程度でOKです。
③管体の拭き上げ
クロスを使用して、手の汗や脂を拭き取りきれいにしましょう。

演奏・練習が終わったら必ず水分を拭き取りましょう!
(練習の合間に休憩が入るときも必ず水分を取ってください!)
水分を放置せずにしっかりお手入していれば楽器の寿命も長くなります!

水分放置はダメ、絶対!!!
この言葉を合言葉に毎日お手入れしましょう♪

f:id:shima_c_kokura:20170518205928j:plain


このブログではザックリとしたお手入れ方法しか載せていないので、お手入れに自信のない方は佐藤までご質問ください!
店頭にて実際に楽器を触りながら一緒にお手入れしましょう!!


ではでは、今回はこの辺で!
次回4日目の朝錬にてお会いしましょう!!
お疲れ様でした!!

ブラバン佐藤の音楽室の他の記事はコチラ↓↓↓
www.shimamura.co.jp

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.