島村楽器 小倉リバーウォーク店 シマブロ

島村楽器 小倉リバーウォーク店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

ブラバン佐藤の音楽室~6日目・午後練~

こんにちは!!佐藤です!

午後練です!

吹奏楽部の皆さまは早くも仮引退された3年生もいらっしゃるようですね・・・
まだ全国大会が残っていますが一先ず、皆様お疲れ様でした!!
今年の全国吹奏楽コンクールは・・・

名古屋国際会議場にて
 10月21日(土):中学校の部
 10月22日(日):高等学校の部
倉敷市民会館にて
 10月28日(土):大学の部
 10月29日(日):職場・一般の部

上記日程にて開催です!!
福岡県からは
・福岡市立名浜中学校
精華女子高等学校
福岡工業大学附属城東高等学校
福岡工業大学
九州情報大学

以上5校の吹奏楽部が出場されます!!


出場される団体様、頑張ってください!!

f:id:shima_c_kokura:20170830122327j:plain

さて、最近の午後練と言えばマイナー楽器特集ですが、今回は、あの楽器です!!お待たせしました!!








チューバ!!!
スーザフォンからのチューバです(笑)
スーザフォンの時にチューバじゃない!?と突っ込みを入れた方も多いと思いますが、満を持して登場でございます!

チューバとは

f:id:shima_c_kokura:20170830162220j:plain

YAMAHA YBB-641II ¥716,040-(税込)
YAMAHA YCB-621 ¥624,240-(税込)
YAMAHA YEB-201 ¥394,740-(税込)
YAMAHA YFB-621 ¥697,680-(税込)


『tuba』とは元々、ラテン語『管』という意味で、現在のように大型低音金管楽器を指す言葉ではありませんでした。
現在のように楽器の名称として使われだしたのは19世紀以降のようです。
吹奏楽ではB♭管のチューバが一般的ですが、他にもC管E♭管・F管があります。
厳密にいうと、E♭管とF管バスチューバB♭管とC管コントラバスチューバという種類に分類できます。

◆歴史上最初に作られたチューバはF管、誕生日は9月12日!?
当時金管楽器の低音パートを担当していたオフィクレイドという楽器の最低音と同じ音が出せるように

プロイセン軍楽隊長:ヴィルヘルム・ヴィープレヒト
楽器製造職人:ヨハン・ゴットフリート・モーリツ

この2名により開発され、楽器職人のモーリツが1835年9月12日特許を出願しバスチューバが誕生しました。

◆ピストン式とロータリー式

f:id:shima_c_kokura:20170830162913j:plain

チューバにはバルブがピストン式ロータリー式があります。
構造上の違いから音の切り替わりに多少違いがあり、ピストンは穴と穴の間に息を遮断する壁があるので音の歯切れが良く感じたり、ロータリーは隣の穴まで切れ目なくつながっているため、レガートがスムーズに感じることがあるかもしれません。
ただ、どちらが良いという定義はなく、演奏者の好みやプレイスタイルによって変わるので購入される場合は、試奏で自分に合うのはどちらなのか確認をすると良いですよ!

◆アップライト型とフロントアクション型

f:id:shima_c_kokura:20170830163203j:plain

ピストン式のチューバはバルブが楽器上方に付いていて、ボタンを上下に押すアップライト型とロータリー式のようにバルブが楽器前方に付いていて、ボタンを前後に押すフロントアクション型とあります。
大きな違いは構えた時のベルの向きで、アップライト型は右側フロントアクション型は左側に傾きます。
ステージに座る位置で音の聞こえ方が変わるので、ベルの方向がどちらがより良いか考えて購入時の条件にしてみるのもありですね!


チューバの活躍する曲たち

◆代表的なソロ曲
バス・テューバと管楽のための協奏曲
作曲者:レイフ・ヴォーン・ウィリアムズ(イギリス)
普段は『縁の下の力持ち』として楽団を支えてくれているチューバの多彩な表現能力を堪能するにはこの曲!チューバファンの中ではかなり有名な曲なのではないでしょうか・・・?
吹奏楽部員の方たちは、イギリス民謡組曲の作曲者としてウィリアムズ氏を知っているという方も多いと思います!

◆オーケストラ曲
ニュルンベルクのマイスタージンガー
作曲者:リヒャルト・ワーグナー(ドイツ)
ワーグナー作曲の楽劇。全てを聴こうと思ったらめちゃくちゃ長いです。笑
恐らく4時間以上かかるはず・・・
なので、前奏曲だけでも聴いてみてください!

現在では『展覧会の絵』や『幻想交響曲』もチューバの印象深い曲として挙げられることが多いですが、これらは作曲当時はチューバではなく別の楽器を想定して作曲されているので、今回は作曲時に『バスチューバ』と編成に指定されていたニュルンベルクのマイスタージンガーをご紹介致しました!!


さてさて、チューバについて少しでも理解が深まったでしょうか・・・?
学校や地域イベントなどで見る機会があれば是非、注目して聴いてみてください!!


ではでは、今回はこの辺で!
次回7日目の朝練にてお会いしましょう!!
お疲れ様でした!!

ブラバン佐藤の音楽室の他の記事はコチラ↓↓↓
www.shimamura.co.jp

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.